トライやるウィーク

2014年6月18日

皆様お久しぶりです。院長の戸谷です。

プライベートでなかなか忙しく、更新が滞ってしまいました。こんな私でもついに結婚できたのが自分でも驚きですが、患者さんからの驚く声は「ついにですか!」ではなく「まだしていなかったんですか!?」です。(笑)
酒好きの私にワインやいろいろお祝いを頂き、深く感謝です。

さて、今年で4回目になるトライやるウィークが終わりました。皆様にご協力いただき、ありがとうございました。
患者様も学生さんに「僕、将来医療の道に進みたいの?頑張ってね」とか、いろいろ話題が盛り上がったみたいです。

ふと、中学時代からの友人(医療関係者ではない)から、「トライやるウィーク?どうしてそんなもの、受け入れているんだ?」と質問がありました。
患者様も、もしかしたらそのような疑問をお持ちになるかもしれません。せっかくなので、受け入ている理由を申し上げます。

例えば田舎であるとか、特殊な職種であるとかで「跡継ぎがなかなか来ない」とかいった場合、「将来この仕事に興味を持つような学生がいつか来るかもしれない」という可能性がありますが、歯科ではあまり関係ありません。
「広告効果」も、そもそも当該学生さんやその親御さんも、かかりつけの歯科医院と良好な信頼関係が築けている場合、そのまま継続して治療を受けるのがベストなので、基本的に広告効果はないはずです。そもそも広告効果のみを期待するのでは、以下に述べる理由でトライやるウィークを受け入れるメリットはないと思います。

私の診療所だけでなく、他職場で受け入れている施設でも同様かと思いますが、学生さん達に付き添うため、いつもより多くのスタッフに出勤をお願いしています。(人件費がかかる)
当院では、外注の歯科技工士さんにもお願いして、「かぶせもの」の製作過程の見学や実習も行っています。
ついでにお口に入れる歯科用金属で記念品を作ってのプレゼント、技工士さんへのお礼や、最終日の食事会の出費も含めると、ウン万の支出になるでしょう。
また、患者さん(他職場ではお客さん)との間でトラブルやミスが出たため、次年度からの受け入れを断っている状況もチラホラ聞きます。

一見メリットが少なく、まさに職場のボランティアに見える状況に、友人も「どうして?」との疑問です。

私はこの取り組みは、大げさな表現かもしれませんが、「その学生さんの将来」に役立つだけでなく、「日本社会の利益」や「国益」に繋がるのではないかと思っています。
少しでも実社会の仕事に触れる事で、「へ~、こんな感じなんだ」「かぶせモノってこんな感じでできるんだ」「テレビでみている『縫合』ってこんな感じなんだ」とか、少しでも知的好奇心をくすぐられ、本当に興味のある仕事に邁進できる一助になるかもしれません。外から見ていること、テレビで見ている事と、実際は大きく違います。仕事で一番大事なのは、モチベーションの維持だと考えます。

真の興味や好奇心の先には、IPS細胞のような発見があるかもしれません。こんなノーベル賞レベルじゃなくても、素晴らしいケーキを作るパティシエになって多くの人に感動を与えたり、凄い機械や仕組みをあみだし、社会に貢献する…。
それは最終的には、我々に返ってくるのです。つまりこのトライやるウイークの受け入れは、そのための「投資」に他なりません。

私が老いてこの仕事の第一線から離れた時、トライやるウィークの学生さんが、この社会を引っ張る最前線で奮闘しているはずです。
そして彼らのお世話になるでしょう。その時日本社会を背負う彼らが、より大きく羽ばたき引っ張ってほしい。だから今、私がしてあげられることをしてあげたい、それがこのトライやるウィークを受け入れている理由です。
だから私は歯科以外の事も、可能な限り解説したりするように心がけています。

トライやるウィークを検討されている事業者の方は、ぜひ彼らのため、そして将来の自分たちのためにも、前向きな検討をお願いします。
ちなみに当院では「見学」「治療の流れ」「補助の仕事」「履歴書の書き方(大学生になってアルバイトになり必要で、これがどれほど大きな意味を持つか)」「人工粘膜を使った縫合実習」「歯科技工士さんの仕事を体験、見学」が内容になります。

こちらの都合・考えで実施するトライやるウィークに理解を示し、ご協力していただける患者様に、重ね重ね感謝申し上げます。

みなさん、こんにちは。院長の戸谷です。

ここのところ、本当に暑いですね!水分補給、適切な温度コントロールに気をつけてください。

年齢とともに、体内の温度中枢の反応がにぶってきます。本人は「暑くない」 と思っていても、実は体がオーバーヒートしている事があるのは、最近よく耳にするかと思います。エアコン嫌いの人でも、エアコン温度設定を28度に設定しておき、それ以上室温が上がらないように注意しましょう。

7月21日木曜日、午後休診させていただいて、新しく入ってきた学生アルバイトさんの歓迎会、あるスタッフの誕生会、そして現大学4年生の就職内定お祝い、スタッフの快気祝い、今年就職したスタッフの近況報告会を兼ねてフレンチのお店行ってまいりました。私は、こんなお洒落な場所にコース料理を食べる事が少ないので、しっかり堪能してきました。

当院の歴代学生スタッフは、就活したスタッフ全て、一部上場企業の会社や有名企業に就職していきました。2年前に大手自動車会社に就職したスタッフは、営業成績全国NO1を2年連続達成という偉業を成し遂げ、社長賞を受賞したと聞いています。

今の大学4年生のスタッフは、世間一般で言う有名大学ではないハンディを乗り越え、見事大手生命保険会社に内定いたしました。その過程は、我々の想像を超えるもの。最近はWEB上で就職説明会を申し込むそうですが、特定の大学以外は「満席」表示になる企業が多いとのこと。もちろん、企業も全ての人を面接したり書類選考する時間的、人的余裕などないでしょう。それだけに、スタートラインに立つ事すらできない苦悩を抱え、就活を重ねていたようです。

先日居酒屋で同級生達と飲んだのですが、大手都銀で働く友人曰く「大学毎に、採用人数が決まっているんだよ。この大学○人、この大学○人とね。本当は、その大学以外にも優秀な人材がいるのはわかっているんだよ。でも、余裕がなくてね…。それは我々の責任でもあるんだけど…」と漏らしていました。

このスタッフは仕事っぷりは大変真面目、体調悪くても点滴して仕事に来るくらい根性アリ、仕事は完璧、いつも笑顔。極めて優秀なスタッフで、私以外のスタッフからも高評価。でも、就活では苦戦続きでしたが、そのような状況を乗り越えて見事内定をとった事は嬉しい限りです。

最終的に採用を決めたその会社の担当者に、上から目線で大変申し訳ないのですが、「よく採用されましたね」と賛辞を惜しまないのであります!数回あったとしても短時間の面接では、ベテラン面接官といえど、どんな人かを見抜くのは極めて困難です。この学生さんが、普段どのような学生生活を送っていたのか、その真面目さを、短時間できちんと判断された眼力に敬服します。

この学生さんは、卒業まで新入りスタッフ教育を行いつつ、仕事のシフトに入っていただいています。

それにしても、フレンチ美味しかった…。

こんにちは。院長の戸谷です。

毎日が次第に暑くなってきました。今年の夏、関西の電力がどうなるのか、また計画停電が実施されるかどうかわかりません。当院では、診療に差し障りのない限界まで消灯しておりますので、皆様の御協力・御理解の程、宜しくお願いします。

5月中旬ですが、「トライやる・ウィーク」という職場体験のため、甲武中学校の学生さんが来られました。患者さんの皆様には、趣旨を理解していただき、協力していただいた事に深く感謝いたします。今年で3年目になりますが、ここで経験した事を、学生さんが将来に繋げていたいただける事を期待します。 職場を見学し、「歯科医院ではどんな事しているの?」といった内容の他、技工士さんに協力していただいて実際の技工も見学し、自分でオリジナルの金属のアクセサリーを作っていただきました。後は「履歴書の書き方」の指導。ここに来る学生さんは、あと4,5年すれば大学生。履歴書の書き方を教えてもらってない人が多いのは、普段スタッフ採用で面接している私が履歴書を見て、常々感じています。

実は人生の分岐点は、ここからスタートしているのです。最近の教育のスタートは、かなり低年齢化している部分もありますが、社会に出るにあたり、このような重要な部分の指導が欠落しているのは、大変複雑な思いがあります。

何はともあれ、無事に終了しました。最後の日は、毎年恒例ですが全員で食事をします。「ケンタッキー、マクドナルド、寿司、ほっかほっか弁当」の中から好きなものを選んでもらい、みんなでワイワイ楽しみました。その一コマです。良い思い出になりますように。