2011年3月 のアーカイブ

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の被災者の皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

とたに歯科医院は、被災者の方々の支援、復興に役立てていただくための義援金として、20万円を贈らせていただくことを決定しました。更に3月14日から4月30日の期間におきまして、患者様の支払った治療代の中から、一部(患者様一人、治療1回につき200円)も寄付させていただくこととし、総額40万円程度を予定しております。(患者様の支払う治療代は変わりません)

また、スタッフ有志から支払われた義援金も、この時あわせて寄付させていただく予定ですが、合計金額が決まり次第、公表させていただきます。

私は阪神大震災を経験し、その年に新潟大学歯学部に入学いたしました。私の受けた被害は軽微なものでしたが、阪神地域への援助は日本全国のみならず、世界中から支援の手が差し伸べられ、その感動に涙しました。

今回の巨大地震の被害に、胸が引き裂かれる思いです。報道を見ても、何も手助けできない自分に苛立ちと悲しさがつのります。今の私ができるのは義援金による間接的な支援しかありませんが、当時世界中が援助の手を差し伸べていただいたように、この未曾有の悲劇にできる限り支援させていただきたいと思います。また、警察・消防・自衛隊・各国の救援隊をはじめとして懸命の救助活動行っている方々、命を懸けて復旧作業を行う原子力発電関係の方々に敬意を表します。

一人でも多くの方が助かりますように。そして、被災地の1日も早い復興を、心よりお祈り申し上げます。

院長 戸谷幹弘

京都のカフェ

2011年3月12日 土曜日

こんにちは 森川です。

先日、京都に行った時に一保堂という老舗のお茶屋さんに行きました。

店内では、いろいろな種類のお茶を販売しています。そこには喫茶室が併設されていて、そこで売っているお茶がお菓子とセットで飲めるようになっています。

お茶にはいろいろな種類がありますが、その種類にあわせた,いれ方を店員さんが教えてくれて、実際に自分でいれます。 

私は今回は,普段飲みそうにない玉露をたのみました。玉露は60度ぐらいのお湯で時間をかけていれるらしく、茶碗が4つついてきて、そこに入れてお湯をさましてから、急須に入れます。急須をゆすらないことと、最後の一滴まで絞りきることが、ポイントみたいです。

実際に飲んでみると、甘みがあって、まったりとした感じで、温度は相当ぬるいです。 友達は煎茶でしたが、こちらは青っぽい感じで、爽やかさがありました。

結局、熱いお湯で気軽にいれられる番茶を、家には買って帰りました。

外でまで自分でお茶をいれたくない人には、お薦めではないですが、なかなか面白い所でした。

写真は下鴨神社の蹴鞠です。おじさん達頑張ってました。

新しい家族

2011年3月4日 金曜日

はじめまして!ゴールデンハムスターの【いちご♀】です。あだ名は【ごっち】です。

平成23年1月2日生まれ。現在体重は41グラム。

すっかり人間に慣れて、かなりのおてんばさんです(^^;

ところでハムスターの歯は16本で人間の半分。歯の色は色素がついていて、黄色っぽいのが普通だそうです。

上下の門歯は一生伸び続けますので、時々硬いものをかじって伸びすぎを防ぎます。

人間と同じく、やわらかいものばかり食べていると歯にも良くないんですね!!

まだまだ大きくなる、ごっちの成長を見守りたいと思います♪

助手、山口でした(^^)v