‘医院からのお知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

お久しぶりです。院長の戸谷です。多忙のため、しばらく投稿が滞っておりました。
その間に、新聞等(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00050010-yomidr-sctch)で報道されました「歯科医療機器の使い回し」について、当院での取り組みを報告いたします。

この報道はわかりやすく解説いたしますと、「治療時に使う機材を、患者さんごとに滅菌や消毒をしていないのではないか、もしくは不十分ではないか」というものです。特に患者さんの口の中に入れ、かつ血液に汚染される可能性があるものを、他の患者さんに滅菌・消毒が不十分なままに使用しているのではないか?ということです。

当院での取り組みを報告しておきます。当院では注射針やメスに関してはディスポーザブル、問題となっている切削道具であるタービンは10個以上常備し、患者さん毎に高圧滅菌機(オートクレープ)やオイルライザー(高温オイルによる消毒:http://www.sedent.co.jp/data_files/view/74/mode:inline)を使用しております。その他にも業務用オゾン消毒機器(http://www.ohnit.co.jp/product/GWD-1000FR/index.html)も使用して衛生管理には最大限の注意を払っています。

そもそも患者さんは必ずしも感染性の持病を必ずこちらに申告するとは限りません。勿論申告していただかなかければ困る訳で、問診票にも記載する部分があります。特段手立てを講じない場合、未申告は他の患者さんに感染(水平感染)するリスクが高くなるのは当然です。ですので、一応未申告の場合でも問題がないよう、それを前提に消毒滅菌システムを構築することは大事です。
もちろん本当に完全を目指す場合は、外科手術の手術室になってしまい、そのように準備しなければなりません。患者さんさんの治療の度に服も着替えなければなりませんし、部屋も陽圧にして中から外に常に空気が出ていくような仕組みが必要で1日数人の患者さんしか診られないでしょう。

ですので、どこかで線引きしなければならず、そこに診療所の考え方や良心が問われる訳です。
当院におきましては以前から上述の通りで、今回の報道を行われてすぐに院内に下記画像のような取り組みを掲示しております。こちらにも掲載いたしますので、ご参考ください。

 

摩訶不思議なうた

2016年5月13日 金曜日

歯科衛生士の後藤です。
先日 ふと気が付くと 診療室内から、ZARDの「負けないで」の替え歌が聞こえてきました。
歌っているのは院長。。。
♪負けないで~~虫歯があるから~~しかたがない~~♪(何という歌詞だ・・・)
怖くて泣いているお子さんに 歌いながら なだめて(?)治療をしているようです。
私の意識と指先は 自分の患者さんに集中しているのですが、耳がその歌声から離れません♪

不思議なことに、これが・・・意外と・・・音痴じゃないんです!!

さて・・・
私には「運動神経が良い人はリズム音痴ではない」という持論があります^^
ずっとバスケットボールをしていますが、トレーニングにもリズム体操があるくらい、ドリブル・シュートなどなど リズムが大切になってきます。

そこで・・・
院長に「先生 足が速かったと以前話していましたよね。あの歌は何ですか~? 意外と音痴じゃないんですね~~」と話したところ
「当たり前だよー。ずっとピアノとシンコペーションを習っていたもの~」と♪

とたに歯科医院におこしの皆様。院長=ピアノ 想像してみてくださいね♪

トライやるウィーク 2016

2016年4月30日 土曜日

こんにちは、院長です。

久しぶりの更新となりました。
年子の子育ての忙しさと仕事の両立は、なかなか難しいものですね。とはいっても、子育ては奥さんが一番大変ですし(汗)
まだ下の子は10か月なので、依然大大変さは変わりません。「早く一晩中寝てくれないかな~」と願う今日この頃です。

さて、当院におきまして、毎年トライやるウィークを甲武中から受け入れています。
今年は5月30日(月曜日)~6月3日(金曜日)まで実施予定です。のぼりがでており、院内には見慣れない中学生がウロウロしていますが、ご協力の程、宜しくお願いします。
この年齢におきましては、自分が将来どんな道を選ぶのか、模索中だと思います。目標を見つけられれば頑張る事ができますが、
見つけられない場合は正直辛いものです。また、この年齢で人生を模索するという作業、つまり直視することそのものが大変でしょう。
また、親御さんも子供さんの事を考えて塾に行かせたりしますが、なかなか思うような結果を残すことができず、親子や夫婦間で口論する事も珍しくないかもしれません。
しかしそれは、親子ともどもその葛藤に遭遇し、希望と不安の入り混じった海に子どもは「若さ」というエンジンを載せた船に乗り、人生という名の航海に出ることなんだろうと思います。トライやるウィーク受け入れは、少しでもその航海のコンパスやチャートの一部になれることを願って行っております。どうぞご協力宜しくお願いします。

それにしても、昔私が小学生時代の大手塾に行っていた頃(約30年以上前)、少々殴られるのは当たり前で、家に帰ったら頭皮に血の塊がついていた事を思い出します。質問に答えられなければ、「5,4,3,2,1」とカウントダウンが始まり、0になると出席簿の角で頭頂部を殴られるのです。再びカウントダウンが始まり、また0になると殴られます。(私はそれほど頭が良くなかったので) 当然恐怖心がありますので、覚えているものでも忘れてしまいます(苦笑)
正直やり過ぎと今でも思いますが、受験勉強の大変さそのものは、今も昔も変わらないでしょう。